Optical Tests 

opt.eyelandで視力測定(度数選定補助)をされた方々から、時々質問されるのは、通常と少し違ったやり方をするその技法についてです。

opt.eyelandでは、1992年の開業以来、
両眼開放屈折検査・両眼視機能検査
採り入れています。

まず
両眼開放屈折検査を採る理由は、メガネは原則的に両目を開いて使用することから、その状態のまま測定した全度数(どこまで度数があるのかを求めた値=完全矯正値)を得るためです。5m視力標を用います(短距離視標は用いません)。

両眼開放で測定した全度数と片眼遮蔽のそれを比較すると、近視・遠視度数はもとより、乱視度数や角度(軸)の差違が出ることもしばしばあります。
片眼遮蔽の測定のあと、その度数からいくらか下げる(上げる)などをして、両眼で見てどうか…。その感想を聞くなどをして、使用度数の選択に至るという方法は一般的ですが、opt.eyelandではもう少しデータが欲しいので、その方法は採らないです。

次に
両眼視機能検査では、眼位検査(斜位検査)を含め、遠方と近方でモノを見る時の左右の共同性(チームワーク)を調べることによって、何が得意で何が不得意なのかを値として測定し、その複数のデータを実際に使う度数へ反映させます。

もし両眼のチームワークにズレがあって、それをカバーする力が乏しい場合、日常モノを見る際に無理な負荷が掛かり、疲れの元となります。それをカバーする度数*をレンズに加えて補正をすることによって、無理な負荷から逃れることが出来ます。
プリズム(PrismDiopter)   

事例や測定法・機器に関することを時々アップしています。
opt.eyeland' new 測定関連

 
  変視症・不等像への眼鏡補正でのアプローチ
  白内障術後の融像困難等への眼鏡補正アプローチ
 

 予約優先が可能です。ご予約はこちらからどうぞ。


認定眼鏡士
 
眼鏡技術の重要性
 
コンタクトを常時お使いで検査・測定をご希望の方へ
い
両
 
                     
Copyright (c)opt.eyeland All rights reserved.