眼鏡技術の重要性
眼鏡は「度数」と「フィッティング」でおおかたの装用感のよしあしが決まります。

つまり技術担当者の巧拙が最大要素=ソフトとなり、フレーム・レンズというハードは二次的な要素となります。

従って、同じフレーム・同じレンズでも、担当者によって、かなりの違いが出るという事に関して、異論を挟む眼鏡士の先生方は、おられないと言えます。